マクロライド系の薬であるバルトレックスについて

バルトレックスというのはマクロライド系の薬であり、各種のヘルペスウィルスの増殖を抑制することができる薬です。ヘルペスウィルスは感染者が非常に多いウィルスであり、感染する場所によって様々な病気を引き起こします。有名な病気としては帯状疱疹や性器ヘルペス、水疱瘡などがあります。帯状疱疹は日和見感染の病気として有名であり、高齢化や病気などによって免疫力が低下したときに発生する病気です。性器ヘルペスは性感染症として有名であり、性行為によって感染を引き起こすことから症状が出た場合にはすぐに治療を行うことが必要です。バルトレックスの主成分はバラシクロビル塩酸塩という物質であり、細胞内でヘルペスウィルスのウィルスDNAの複製を阻害します。そのことによってウィルスの増殖を防ぎ回復へ導くことが出来るのです。
バルトレックスには錠剤や顆粒、内服ゼリー、軟膏などの様々な形状のものがあります。1日の使用量や使用回数などは個人によって異なるので医師の指示をしっかりと聞くことが重要です。アレルギー体質がある場合や妊娠中、母乳で授乳を行なっている人などは医師にしっかりと伝えることが必要です。
バルトレックスはマクロライド系の薬であることを説明しました。マクロライド系というのは主に抗生物質として用いられる薬物の一群の総称のことをいいます。マクロライド系がすぐれているのは抗生物質としては副作用が比較的少なく、多くの細菌やウィルスに効果があるということです。そのため、細胞内の寄生菌やマイコプラズマなどに対しては第一に選択される薬になります。バルトレックスもこの一群の薬であり、効果が期待できるのはもちろん副作用も少ないため安心して使用できる薬です。