男性の鼻の下にできたヘルペスはバルトレックスで対策

鼻の下にできてしまったブツブツはヘルペスの可能性があります。男性の場合は鼻の下にニキビができるケース少なくない為、ニキビと判断してしまうこともあるようですが、正体がヘルペスの可能性もありますし、その場合は適切に治療をしなければいけません。
治療としては内服薬であるバルトレックスを用いる方法があります。バルトレックスは塩酸バラシクロビルという有効成分を配合しているヘルペス用の薬のことですが、内服することによって有効成分がヘルペスウィルスを攻撃してくれます。そしてウィルスの増殖も防止することができますので、治りを早めたり被害の拡大を予防する為に有効です。
ヘルペス用の薬はバルトレックス以外にもありますが、この薬はとても吸収率が良いのが特徴です。よってウィルスに対して速やかに効果を発揮し、症状が重くなることを防止してくれます。そして副作用のリスクが低いのも特徴のひとつです。
副作用のリスクが低い理由がありますが、まずバルトレックスはDNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれる薬になります。そしてヘルペスウィルスによって症状が悪化する時には体内でウィルスDNAの複製が行なわれてしまうのですが、バルトレックスは問題のDNAの複製を阻害する作用あります。そしてその際に阻害するのはヘルペスウィルスのDNAポリメラーゼのみであり、人のDNAポリメラーゼを阻害することがないのです。その為、ヘルペスウィルスだけに効果的に働きかけることができ、副作用のリスクが小さい薬とされています。
バルトレックスを効果的に使用する為にも、症状が出た男性は早めに薬を使用することが大切です。鼻の下のヘルペスをニキビと勘違いして対策を間違う男性もいるようですが、速やかに対策をしないと症状が悪化してしまいますので注意しなければいけません。